ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刹那・龍宮部屋の位置を考える
ハイ、感想で書ききれなかった部分をこっちで簡単にまとめたいと思います。

では、169時間目の内容を含むので本文は追記から。
ご覧になる方は続きをどうぞー。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
このせつの仮契約はあるのだろうか?
バイト中にふと浮かんだ事をちゃちゃっと簡単な考察風味な感じで。

お題はタイトルの通り。

木乃香と刹那の仮契約は行われるのだろうか?


ある程度まとまった文量になるので本文は追記から書いていきます。
あ、ちなみにネタバレは含まれないので、単行本派の方も大丈夫なはずです(^^)

でわ、ご覧になる方は続きをどうぞー。

[READ MORE...]
パクティオーカードのローマ数字はどの様に決定されるのか?
先ほど書いた163時間目の感想で少し触れましたが。
少し気になったことがあったのでそれから派生した簡単な考察を。

全く。
論文紹介を翌日に控えてるのに、私は何やってるんだか(^_^;)

ま、いいや。何とかなるさ。
書きたいんで書きます。ハイ(笑)

内容については163時間目の内容が含まれます。
単行本派の方にとってはいわゆるネタバレ。お気をつけ下さい。

追記から書いていきますんでご覧になる方は続きからどうぞ。
[READ MORE...]
超の決意 そして迷い
久しぶりの考察っぽい記事。

今週のマガジン掲載分である153時間目に関する内容を扱います。
つまり、ネタバレ。単行本派の方々はここで引き返してくださいm(_ _)m


まずはコチラのペトロニウスさんの記事をご覧下さい。

153時間目  綾瀬夕映の答えの予想~世界の理を曲げること

今回の夕映と龍宮の会話から推察される超の計画を阻止するための論理的根拠。

なるほどなあ。と、ただただ納得と言った感じでした。

実は私も今回の感想にて、超の動機について少し近いものを書いたんですね。

なので、ちょっと影響されて少し超の動機についてまとめてみたくなりました。

それがこの記事のテーマです。

ちなみに、これから書く内容は感想にて書いた内容をもう少し広げた感じなので、
感想で書いた文章を引用している部分があります。
この新規書き下ろしではない点についてはご了承ください。

という事で、ネタバレ回避のためにも本文は追記から。
ご覧なる方は続きをどうぞー。

[READ MORE...]
アーティファクトについての考察 ★改訂版★
またまたバイトのせいで3日間ブログを放置しちゃったよ~(ノ∇`)

だって、バイトがあると帰ってくるのが大抵11時半くらいで、
夕飯やらお風呂やらを済ましていると普通に0時30分くらいになっちゃうんですよ。
なんか、日が回っちゃうと更新する気が起きないんですよね。

ん?じゃあ、バイトの前に更新すればいいじゃんって?
休みの日は昼まで爆睡してるんで無理っす(爆)
睡眠大好きっ子なんでw


とまあ、言い訳はこれぐらいにしておいて、
今日は以前書いたアーティファクト考察についての追記です。

実は、ねぎとわけぎと。さんのウィルさんが同じくアーティファクトの考察を書いてくださいました。

アーティファクト論

で、この考察を読みながら少し追加的な考察を思いつきました。

なので、前回の考察の改訂版として追加的な考察を加えて書き直しました。
前半部分は前回の考察と同じ、後半部が追加した考察になっています。

また、考察には141時間目の内容を含んでいますので、単行本派の方にはネタバレになります。
本文は追記で書きますので、ご覧になる方は続きをどうぞ。


[READ MORE...]

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。