ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま138時間目感想
本日、大学終了後にモデル舞台の撮影再び行って参りました。
そろそろ梅雨だから、早めに行かないと撮影がどんどん遅れてしまうので、
晴れてる今日のうちに急いで行って来ましたよ。
今回は私1人で行ってきましたが、やっぱり1人より友人と一緒のほうが楽しいですね。
モデル舞台見つけて1人興奮しているのは何気に寂しいですし、なにより不審です(^_^;)

とりあえず、目的の写真はほとんど取ることができました。
予想以上のの収穫もあり、もう一回行ってみたのは正解でしたね(^^)

モデル探訪記事については、ゆっくり作成していきますので、もう少しお待ちください。

では、長くなりましたが今週の感想へ参りましょう。
いつも通り追記形式で。ご覧になる方は続きをどうぞ~。



138時間目「ネギ・パーティの異常な日常」

急展開!!!
まさに今回の内容はこの一言に尽きるでしょう。

とりあえず、気になる点を抜粋してコメントしていきます。

●ネギ・パーティ一致団結
リーダーのネギが吹っ切れて、仲間と共に超に真正面からぶつかる覚悟を決めました。
生徒を巻き込む事に対する抵抗感は無くならないようですが、これはこれで大きな一歩ですよね。
なんか、ボタンを留めないで、背広の前を開けているネギが少し新鮮だ。

●別荘からの転送時のカシオペアの異常反応
これが重要な意味を持っているのは間違いありません。
後で、他の項目に絡めて触れていきます。

超からの手紙は、扉の逆側にくっついています。
扉側に転送されたのがネギ・明日菜・ハルナ・のどか・千雨なので、
姿は確認できませんが扉の逆側に転送されたのは、刹那・楓・古菲・夕映・木乃香です。
刹那・楓・夕映なら別荘に付いている不審な紙にも気づくと思うんだけどなあ。
メッセージが浮かび上がってなかったから、特に目に付かなかったのかな?

●魔法がみんなにバレている!?しかも、時は既に6月30日。
その後の急展開の流れは、言及する必要は無いでしょう。
久々に登場した夏美・アキラを中心に驚きの事実が明らかになっていきます。

重要な情報をピックアップしていきます。

少なくとも麻帆良学園内では魔法の存在がバレてしまっている。
日にちは学園祭終了日から1週間経った6月30日
ネギや明日菜達は、この1週間存在を確認されていない。


まとめると、ネギ達は別荘からの転送時に1週間後の未来へ強制的に時間跳躍させられ、
超は3日目においてネギ達が存在しない状況を作り、計画を遂行した。
という事になります。

まさか、学園祭3日目にを飛ばしてこんな展開になるとは……(^_^;)

超の計画は完了済み、今は学園祭から1週間後では、超は既に未来に帰ってしまっているでしょう。
手紙に書いてあったとおり、まさしく超の完全勝利です。

以下、今回の気になる点について考えていきましょう。
・何故、ネギ達は別荘からの転送時に未来へ1週間も時間跳躍したのか?
ここで重要となる要素は2つ。

1.何故、カシオペアが勝手に発動したのか?
2.魔法使い1人の魔力では1日の時間跳躍が限界なはずなのに、
   どうして1週間という時間跳躍が起きたのか?


1つ目の疑問は、超が計画的に発動させたとしか考えられません。
カシオペアは超の発明品なのですから、リモコンの様な遠隔操作機などを発明している可能性もあります。
しかし、カシオペアが勝手に発動したのは外界へ転送される時、つまりエヴァの別荘内での事なんですよね。
異空間である別荘に存在するカシオペアに遠隔操作が可能なのかは疑問なところです。
個人的には、カシオペアが転送時に自動発動するような仕掛けを超が別荘に仕掛けた。というのが一番しっくりくる気がします。
当然、エヴァは気が付くでしょうが、エヴァはこの件には関与しないつもりなので、ネギ達には黙っていたとしても不自然ではありません。

2つ目の疑問はネギの魔力だけを使ったわけではないと考えられます。
むしろ、ネギが気づいていないことを考えると、ネギ以外の魔力を使ったと考えた方が自然かもしれません。
ネギ以外の魔力で考えられるのは以下の2つ。
1つは世界樹の魔力です。1週間の時間跳躍をするにしても、量的な問題は無いでしょう。
ただ、この場合も異空間である別荘で、外界の魔力を利用できるのかという疑問は生じてしまいます。
2つ目は、別荘内に充溢している魔力を利用する場合です。
学園祭2日目の夜中で、エヴァが箒に乗って空を飛ぶ事が可能な状態でした。
対して、別荘内での137時間目の戦闘ではエヴァは魔法を使ったり、瞬動を使ったりしています。
事前にネギから血をもらっていた可能性もありますが、137時間目のエヴァの運動能力などを見る限り、結構な魔力が別荘内には充溢していると考えられます。
これなら、別荘内の魔力で1週間の時間跳躍も可能ではないかと思われます。

次です。
ネギま!にとって魔法バレというのは非常に重要な意味を持っています。
つまり、物語の展開上、魔法が世界中にバレたという状況を良しとするはずが無いんです。よって、今後の展開でネギが過去に跳躍し、歴史を変えるということが必然的に行われる事になります。
ハイ、ネギにも歴史改変は可能という事が今回で明らかになったわけです。

うわあ、俺の歴史改変考察
木っ端微塵になりました_| ̄|●

あっ、こんな考察もう見ないでいいッスよ……

この説を読んでコメントをくれた大豆さんくろうさんゴメンよ~(ノ∇`)

そこで重要になってくるのが次の疑問。
・学園祭3日目から6月30日まで、何があったのか?
ここを考えるに注目すべき記述は以下の3点。

だって、あの映像…… どうする? 話しかけてみる?
気をつかわなくてもいいよ ネギ君が忙しいのはわかってるからさ…
学祭最終日はスゴかったね 私も映画の撮影かと思ってたけど…


これらの供述からすると、3日目に魔法を認識させる派手な出来事があって、それが直に見た・もしくは映像として見て、魔法の存在が知れ渡った。
そして、その出来事にはにはネギがいたという風に聞こえます。
しかし、3日目にネギがいてはいけないんですよ。
歴史改変が可能となるなら、ネギはその3日目にいるはずが無いんです。
ネギ達は3日目の初めから1週間先に時間跳躍しました。
なのに、3日目のその出来事にネギがいたとすると、それは未来から過去に跳んだネギという事になります。
こうなると、同じ事を繰り返すだけで歴史は改変できない事になってしまいます。
何より、3日目に居るなら、その後の6月30日までの間、ネギ達の存在が確認されていないのは不自然です。

これらの事から、そこにいたのはネギではなく、偽者ではないかと考えます。
超だったら、ネギの偽者の様なロボットくらい作れるんじゃないかな?

また、ガンドルフィーニの言い方だと、学祭最終日からネギがいなかった、というニュアンスにも聞こえますので、その可能性も捨てられません。

まあ、どちらにしても現時点の時間の流れでは、ネギは3日目には居ないと考えています。そうでないと歴史改変ができませんから。

あと触れるべきは、ネギが捕まってオコジョにされるという部分ですかね。
個人的には「オコジョになるぞ!」っていうのは子供を戒める嘘だと思っていたんですが、本当だったんだなあ(^_^;)
次回からは、どうやってネギを救出するのかが楽しみな所ですね。

とりあえず、今回の感想は以上です。
ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

現在、歴史改変説の再考察を執筆中です。
前回の考察の基本設定の上に、ネギの歴史改変が可能な説です。
ちなみに、この感想の歴史改変についての記述も、この説を基準に述べています。
なので、考察読んで、感想を読んだ方が分かりやすいかもしれません。
順番間違ったかな(^_^;)
できれば、明日までには書き上げるつもりですので、宜しかったら読んであげて下さい。

以下、TBを送らせて頂いたブログの方々です。
ネギま部屋(楊さんのページ別館)さん
Verba volant, Scripta manent.さん
日々○○文さん
欲望のままに生きた痕さん
小見雲のネギま!応援団っ。さん
hakuro.info blogさん
趣味洋洋2さん
いつかは何かがあるさん
おまっ、ちょ、やめろよさん
まいぺーす日記さん
スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。