ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシオペアによる時間跳躍考察、および歴史改変可能説
今週のネギま!、138時間目で物語は急展開を迎えました。
今回の内容を踏まえた、時間跳躍及び歴史改変についての考察です。

初っ端の説明からネタバレ情報を書かざるを得ないため、早速追記に写ります。
ご覧になる方は続きをどうぞ。





138時間目でネギ達は麻帆良祭最終日から1週間先の未来、6月30日に時間跳躍し、
世界は既に魔法がバレている状況になってしまっていた。

つまり、超の計画が実行され「魔法をバラす」という歴史改変が行われた事になります

さて、ネギま!において生徒に魔法がバレるという事が非常に大きな意味を持っているということは、皆さんご存知の通りでしょう。
魔法バレ=レギュラー、という関係が成り立っていると言っても過言ではありません。
魔法バレはネギま!という物語において重要な柱となっているのです。
そんな重要要素である魔法バレが生徒全員に一気に起こる、という出来事は物語の流れ的に決して良い方向ではないですよね。
よって、今回の全員に魔法が一気にバレる、という出来事は物語の展開上覆されるだろうという考えが私の理論の開始点になっています。

そして、この状況を打破するには、ネギも過去に跳んで歴史改変するしかありません。
つまり、今の状況でネギにも歴史改変は可能という事になるのです。

以前、私は歴史改変の考察で、超のみに歴史改変が可能という結論を出しました。

参考
ネギま135時間目感想(主に超の歴史改変についての考察)
超の歴史改変考察追記など

その理論が今回の内容で見事に崩されてしまったわけです。

さて、今回の内容を踏まえた上で、新しいカシオペアの歴史改変について考えてみました。
……しかし、以前の理論の根底を崩されたので、なかなか考えが思いつきません(^_^;)

夜中、布団に横になりながら3時間ほど考え続け……、
ついにある理論が考えつきました!

以前の理論は歴史改変は基本的に不可能で、超のみには可能という部分肯定的な理論でした。
そして、今回の内容はその根底を崩壊させたわけです。
ならば、その正反対の部分否定的な理論を考えれば良いと閃きました。

少し具体的に示しますね。
つまり、カシオペアによる歴史改変は基本的に可能なんです
ただ、歴史改変が不可能な状況が存在する、という歴史改変を部分的に否定する理論です。

さあ、ここから私の文章力が試されますね(^_^;)
少し分かりづらいと思いますが、お付き合いください。

まず、カシオペアは歴史改変が可能という事にします。
これは過去を変えれば、それに関連した未来が変わるという普通の歴史改変を考えていただければOKです。
例えば、過去に遡って人を殺せば、未来でもその人も存在しなくなる。といった感じ。
今回の超は魔法をバラす計画を実行し、魔法が世界にバレているという未来に変化したわけです。
超にとって「魔法をバラす」という事は手段であって、それによって連続的に生じる更に先の未来変化が目的でしょうが、今回の世界への魔法バレという出来事も超が過去に来た事で変化した未来である事は確かでしょう。
魔法界では孤立主義派が台頭しているのですから、超の存在が無ければ魔法が世界にバレるという出来事が起こりえないはずです。

ここで問題になるのが、麻帆良祭1日目・2日目におけるネギの時間跳躍の結果です。
あの部分では、時間の流れはカシオペアの時間跳躍が前提となっていて、
例え過去に遡ったとしても、視点を変えて同じ時間の流れを繰り返すだけなのです。
つまり、歴史改変は不可能になっています。

さて、この時点で矛盾が生じてしまいますね。
この矛盾を解決するのが部分否定的な考えです。

最初に結論を述べてしまいましょう。
私の理論は、
カシオペアの存在している時間上では歴史改変は不可能。
しかし、カシオペアの存在しない時間へ時間跳躍することでの歴史改変は可能
というものです。

説明に移りましょう。

簡単に言えば、カシオペアの存在する時間上では、その時間はカシオペアの時間跳躍を前提とした流れになっているという理論です。

多少でも分かりやすくするため、今回も図を用意しました。
歴史改変説明図


エクセルで簡単に作ったものなので、雑ですがその辺は勘弁してください(^_^;)

図1~4(太枠の帯の様なもの)は超が時間跳躍で現代に来た頃から6月30日までの時間軸と考えてください。
超が過去に来る前までの時間軸(図1)には当然、カシオペアの存在はありません。

そして、超が過去に時間跳躍してくると、その時点で初めてカシオペアがその時間上に存在する事になります(図2)
時期的には中等部入学前ですね。
その時点からカシオペアの存在する時間が流れている事になります。

このようにカシオペアの存在しない時間へ跳ぶ事によって、歴史は変わります。実際に、この時点で既に歴史が変わったことになります
2001年に存在しないはずの超やタイムマシンが存在しているのですから。
しかし、この時点で歴史が変わっても、超の目的の未来が変わるわけではないです。
その未来は、超がその改変に繋がる行動を起こして初めて変わるのです。
つまり、「魔法をバラす」という行動が実行された瞬間ですね。
歴史改変と未来変化は繋がっていますが、ある未来の変化はそれと関連性のある歴史改変が起こることで初めて起こるのです。

さて、話を戻しましょう。
②をカシオペア2号機の完成と明記していますが、その時期は定かではありません。
また、図の様な時期である必要も無いです。
説明上必要なので図に書き加えただけですので、位置的な問題はスルーしてください。

カシオペアの存在する時間は、カシオペアの時間跳躍を前提とした流れになっていると先に述べましたが、それは1号機2号機、それぞれ別々に前提とします。
つまり、図3で説明すると①~②の間ではカシオペア1号機の時間跳躍を前提とする時間の流れ
②~③では1号機・2号機という2つのカシオペアの時間跳躍を前提とした流れになっているという風に解釈してください。
カシオペアの存在が、それ自身を前提とした時間の流れを作っているのです。

つまり、そのタイムマシンの時間跳躍が前提となっている時間の流れでは、そのタイムマシンによる歴史改変は不可能という事になります。

最後の図4は同じ要領で、色をつけた物です。
麻帆良祭1日目・2日目はカシオペアが存在して、前提となった時間の流れのため歴史改変は不可能。
原作の様に、同じ時間軸を繰り返す事になります。

ちなみにエヴァの別荘は時間の流れも異なる完全な異空間です
よって、ネギがエヴァの別荘にいる間は、世界からカシオペア1号機の存在が消えた事になるんですね。(図4の⑤~⑥、⑦~⑧)

この考えで行くと、ネギは過去に戻って超の行動を止めると言う歴史改変が可能です。
なぜなら、ネギ達は未来にに跳ばされ、麻帆良祭3日目から1週間存在しなかった事になっているからです。
つまり、その間はカシオペア1号機は存在していない事になっていて、その時点に戻っての歴史改変が可能になるのです。
言い方を変えると、カシオペア1号機が存在していない事で、まだカシオペア1号機の時間跳躍を前提とした流れになっていないのです。

以上が私の考えた、時間跳躍・歴史改変の理論です。

う~ん、やっぱり説明が下手だなあ(^_^;)

理論に重点を置かずに、例えを交えて説明すると以下の様になります。

カシオペアの存在していない時間を真っ白な帯とします。
そして、カシオペア1号機は赤、2号機は青のペンキを持っているんです。
真っ白な帯にカシオペアで遡ると、真っ白な帯なので色を付ける事が可能です。
また、赤に塗る場所、青に塗る場所は別々に用意されています。
カシオペアという存在は、帯を移動しながら(時間の経過と共に)真っ白な帯を自分の色に塗り替えていくんです(自分の前提となる時間の流れに書き換える)
この一度色を塗られた部分に遡っても、1色のペンキしか持っていないので、新たに塗り換えることは不可能で同じ色の帯を移動する事になります(前提となった時間の流れを遡っても同じ事を繰り返す)
麻帆良祭3日目~6月30日の部分の帯はまだ青色の部分が塗られているだけで、赤に塗る部分は残っています。
よって、まだ遡って赤色に塗る事はできるのです(歴史改変は可能)

図をそのまま見た目で説明してみました。
余計分かりづらくなったかな(^_^;)

この理論だと新しいカシオペアが開発されれば、何度も歴史改変が可能です。
上の例えだと、緑色のペンキを塗ればいいのです。
つまり、ネギが歴史改変しても超には更に歴史改変し直す事が可能なのですが、そこは問題にならないでしょう。
私はネギが単に超の計画を止めるって事だけをしないと思っています。
ネギは必ず超も納得する手段を取るはずです。
言葉を変えれば、魔法をバラす以外の手段で、未来を良い方向に変えると考えています。
超も納得すれば、歴史を改変する必要はなくなるわけで、それで大団円です。

さて、今回の理論、いかがだったでしょうか?
多分ですね、非常に分かりづらいと思います(^_^;)
文章力が無くて本当に申し訳ないです。

では、今回は以上で失礼します。
コメント大歓迎ですので、疑問・指摘等どんどん送ってください。
お待ちしています(^^)

追記
大豆さんがこの考察についてブログで取り上げてくださいました。
ネギま!138時間目からの展開予想(日々○○文さん)
私が書き終わった後に思った疑問についても触れていますので、是非ご覧ください(^^)


スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。