ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒミツの放課後 Part2 コミケ特別版
そういえば、2学期始業式の落札通知が届き始めている様ですね。

ただ、未だ当選通知が届いたという報告は見かけないので、
どうやら落選通知のみが発送されているみたいです。

もしかしたら、先に落選通知を送って、後から当選通知を送るという形式かもしれません。
となると、今のところ届いてない人は当選と考えても良いのか……な?
落選者が多くて何回かに分けて発送している可能性もあるので、まだ分かりませんが。


さて、今日の本題。

現在開催中の夏コミにおいて、スタチャのブースでコレを購入するともらえるDJCD
このCDにはヒミツの放課後Part2 コミケ特別版が収録されています。

正直、このスタチャパックは割高ですし、コミケに行けない人もいるでしょうから、
このコミケ特別版の収録内容を軽く紹介したいと思います。

一応、まだ聴いていない人のために追記で書いていきますので、
ご覧になる方は続きをどうぞー。

--------------------------------------------------------------------------
麻帆良学園中等部2-A ヒミツの放課後Part2 コミケ特別版


パーソナリティは1学期の佐藤利奈さんと小林ゆうさんです。

最初はいつも通りのお2人の挨拶から始まります。

佐藤「ハイ、という事でゆうたん。」
小林「ハイ、利奈さん」
佐藤「ヒミツの放課後Part2 コミケ特別版と題しまして始まりました。
    我々ヒミツの放課後なんですけど、初めてね、この特別版で聴かれる方も
    いるのではないかと思うので、この番組がどんな番組かという事をちょっっとね、
    お伝えしようかな、なんて思うんですが。」
小林「ハイ」


続いて、初めてのリスナーの方向けの番組紹介。

佐藤「さて、どんな番組かと申しますと、魔法先生ネギま!ね、
    アニメも第1期も終わりまして、また第2期も始まりますけれども。」
小林「ホントにね、そうですね。嬉しいです。」
佐藤「歌とかね、CDドラマとか、イベントとか、本当にネギま!は……」
小林「もう沢山ね、あの色々な事をさせて頂いて……」
佐藤「そうそう、女の子がね、もう31人+私とかもいて、一杯いるので、
    色んなチームごとに歌を出したりイベントをやったりだとかしているわけですが、
    そのね、やったものに対しての裏話、こぼれ話とかね……」
小林「ね、内緒の話なんかもあるんですね」
佐藤「そうそう、ヒミツの放課後だからね。あとは、出演者の皆を呼んで、
    ちょっとワイワイガヤガヤしたり、ゲストさんを呼んだりとかね、
    そういう番組になっております」
小林「ホントに放課後みたいに賑やかに、お送りさせていただいています。」



番組紹介が終わると、ヒミツのメールボックスのコーナーへ。

質問:お二人さん、ねぎぼな~む。アニメ第2期が始まりますね。
   久しぶりのアフレコの感想や意気込みなどを聞かせて下さい。


佐藤「ゆうたーん! アニメ化2期!」
小林「ハイ!」
佐藤「来た! いえー!」
小林「本当にありがとうございます。 もうこの日を私達も待っていました!」
佐藤「待ってたよ~。出演者みんな待ってた。」
小林「ね、現実になって、もうホントに夢のようです。」
佐藤「うれしいね~。」

佐藤「今回はね、原作に沿いつつも、ちょっとオリジナルの感じもありりで、
    進んでいくのではないかなって感じなんですけど。」
小林「そうですね~、どうでしょうか利奈さん。」
佐藤「久々に皆で集まってやれるって……、かれこれ、どれぐらいぶりなの?
    1年とか経ってるんじゃないのかな。同じだもんね、始まる時期とかって。」
小林「そうですよね」
佐藤「昨年ですよ、昨年ぶりのなんかこう……」
小林「うれしいですねー」
佐藤「ねえ、嬉しい。楽しみ。
   動くネギ君とクラスメイト達がまた見られるって……」
小林「やっぱりまた演じられる事が、もうホントに興奮状態ですね。嬉しくて。
    頑張らなきゃって身を引き締めてる思いです。」
佐藤「うんうん。」

佐藤「アニメ化、私達もとても楽しみに、頑張って演じていきたいと思います。」
小林「ハイ、頑張っていきたいですね、利奈さん」


お2人とも第2期決定に対して、嬉しさを表現しまくりですね。
アフレコの感想については、収録時には始まっていなかったので聞けませんでした。


次のコーナーはサギタマギカ!百花繚乱!Part2 のコーナー。

内容は以前の「どちらのセリフが破壊力があったか競う」というものです。

ジャンケンをするが、いつもの様に小林さん勝利。

お題は「金魚すくいの金魚の気持ちになって一言」です。


先攻 小林ゆうさん
「はあー、誰か早く迎えに来てくれないかなー。
 この水槽の中もだんだん増えてきちゃって、きつくなっちゃったんだよね。
 ハッ! この人…、好みのタイプかも。この人の餌食べちゃお、パクッ。
 ご主人様って呼ばせてね♥


やっべ、破壊力高いわ

佐藤「いやー、これが……いわゆる萌え、萌え金魚?」
小林「萌え金魚(笑) 頑張ってみました。」


その後、水槽の中が増えるとか、餌があるとか、おかしい点を佐藤さんが指摘。
小林さんは、他の釣り堀か何かとごっちゃにしてしまっていたようです。


後攻 佐藤さん
「はあ、とうとうこの時がやってきたな、ジョニー。
 思えば去年の今頃、ベスが外の世界に行っちまったんだよな。あいつ、元気かなあ。
 でもよお、ジョニー。あの網がやってくる瞬間、あの瞬間がドキドキすんだよな。
 ふわっと身を翻して、よける! ここに男のロマンがあるわけよ。
 ハッ! ジョニー、網だ! 逃げろ! ジョニー!ジョニー! ジョニーー!!
 達者でな、ジョニー。 俺も…、すぐ行くぜ!」


佐藤さんは小林さんとは別の路線できました。
ちなみに佐藤さんが演じていた金魚は、マイケルだったそうです(笑)


そして、2つのコーナーが終わり、エンディングへ。
他のコーナーの簡単な紹介、2学期パーソナリティの紹介などをして終了。

収録時間と12分56秒と短かったです。
とりあえず、小林さんの萌え金魚だけでも聴く価値はあるかと。
スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。