ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超 鈴音「好きなもの:世界征服」の意味するところ
これは昨日書いた考察(らしきもの)の簡単な追加的説明です。

超の決意 そして迷い

ちなみに、これから語る説明は↑の記事に既に加筆しています。

つまり、この記事は既に上記の記事を読んだ方への追加説明のご案内
まだ読んでない方は上記のリンクを直接見てくださった方が良いと思われます。


この記事は本当にほんの少しの追加説明なので文章量は短いです。

ですが、一応単行本派にはネタバレなので追記から。
--------------------------------------------------------------------------
では、ちゃちゃっと説明を書いちゃいましょう。

今日の朝、いつもお世話になっている楊さんが昨日の考察を取り上げて下さいました。

で、その時の楊さんのコメントがこちら。

>好きなもの:世界征服

私は、ずっとこれが気になっていて・・・
これが書いてある時点で超が正義かどうか?・・・と思ってます。


スミマセン、その辺の詳しい説明を忘れていました(^_^;)
朝、大学への登校時にこのコメントを見るまで書き忘れてたの気づかなかった(笑)

という事で、ここで簡単に追加説明をしておきます。


超は自分の計画を絶対的な正義に近づけるために、歴史改変で生じる負の面の一部である「政治的軍事的に致命的な不測の事態」は監視し調整するつもりである。

この流れで超のプロフィールに触れました。

超の好きなもの:世界征服

一見、なんとも物騒な言葉を挙げている超鈴音。

しかし、皆さんはこの「征服」という言葉が2つの意味が持つのをご存知でしょうか?

1つ目は一般的に使われる「征伐して服従させる事」という意味。

そして、あまり知られていないもう1つの意味。

それが「困難な事を成し遂げる事」なのです。
(広辞苑より引用)

例えば「冬山を征服する」といった文章で使われますよね。

つまり、この世界征服という言葉は「世界の支配」といった意味だけでなく、
世界を舞台にした困難な事を成し遂げる事。という意味にも取れるのです。

そして、それは超のやろうとしている世界規模の監視・管理を成し遂げる事に通じるのではないでしょうか。


この解釈が違うだけで、超の印象が大分変わってくるんですよ。
多分、楊さんも「征服」を支配的な意味で解釈していたんだと思います。
ていうか、普通はそう解釈しますよね(笑)

だから、この説明は書き忘れるべきじゃなかった。失敗したなあ。

やっぱり考察はその日のノリで書くんじゃなく、内容を少し寝かせて書かないとダメですね。


とまあ、こんな感じで。

以上、考察の追加説明でした。

スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。