ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DS版ネギま!? プレイ感想
さってさて、今日はゲームのお話。

昨日、発売したネギま!のDS版ゲーム。
ネギま?!超 麻帆良大戦 かっとイ~ン☆契約執行でちゃいますぅ
を実際にプレイしてみた感想を軽く書いていきましょうか。

参考として一応公式ページのリンクを張っておきますね。

ネギま?!超 麻帆良大戦 かっとイ~ン☆契約執行でちゃいますぅ公式ページ

ちなみに、レビュー的な記事なので内容にはほとんど触れていません。

ただ一応、見たくない人のために追記から書いていきます。
ご覧になる方は続きをどうぞー。

--------------------------------------------------------------------------

ちなみに私、このネギま!ゲームのためだけにDSLite購入しました(笑)

ジェットブラックの発売日にね、朝からヨドバシに並びましたよw
発売日の方が買いやすいし色の中では黒が一番好きなんで。
何より夕映のカラーですしねっ(決め手はそこかw


さて、じゃつらつらと書いていきましょうか。

私は今のところ、1時間半ほどプレイして2つ目のステージをクリアしたところです。
というか、購入時から放置してたから充電が1時間半しかもたなかったんです(^_^;)


で、今のところの全体的な感想。個人的には結構面白いです(^^)
シミュレーション形式の戦闘も思っていたよりは楽しい感じですし。
GBA版に比べればボイスもありで、グラフィックも綺麗なので、結構好印象です。


では、少し細かい部分について言及してきましょうか。


【シナリオや設定】

まあ、GBA版と同じようなレベルですね。
既に不自然さ・違和感さを感じる部分がチラホラと……(^_^;)
変にマイナスな部分だけはきちんと継承されていますな(笑)

ちなみに、京都編と麻帆良祭編を繋ぐオリジナルストーリーと明記されているのですが、
より具体的に示せばヘルマン編と麻帆良祭編の間を描いたストーリーですね。

ただ、上記の様に原作の延長を描いているはずなのに、何故かキャラはアニメ準拠
ゲーム内の明日菜のオッドアイは無しだし、桜子は金髪、夏美は緑です。

と思ったら、パッケージイラストの明日菜はオッドアイ(笑)

うん、なんか設定が定まっていない感じですなw

あと、個人的に感じたことですが、話の進み方も少しテンポが悪い気がしますね。


【シミュレーション形式コスプレバトル】

これがこのゲームの一番の目玉要素ですね。

デフォルメな感じのキャラが色々なコスプレを着こなし、ボイスつきで戦闘を行うのはなかなかに楽しいものです。


しかし、やはりというべきか、気になる問題点も多く確認できます。

その気になる点、少し不便な点などを軽く列挙していきましょう。


●戦闘における説明が不足している。

大抵のゲームにあるように、最初の方にチュートリアル的な説明があります。

しかし、攻撃射程・移動距離などの説明が不足しているため最初は少し戸惑いました。
また、キャラによって射程も違いますから余計です。(通常2マス、エヴァ3マスを確認)

まあ、これは本質的な問題点ではないのでそこまで気にする必要はないです。
単に私が最初のプレイでそう感じただけです。


●キャラの具体的なステータスが確認できない

確認できるステータスは、HP・MP・SP・行動値のステータスのみ。
他の攻撃力・防御力・移動距離・攻撃回数などの確認できません。

キャラの特性が確認しにくいから結構不便です。
というか、RPGとしてはある意味致命的な感じもします。

味方はもちろんの事、敵の強さが実際に戦ってみないと分からないですし。

●行動順が把握しにくい

各キャラに行動値というのが存在し、それが溜まる事で行動する事ができるのですが、
その尺度が曖昧な感じで、順番を正確に把握する事が難しいです。

一応、各キャラにカーソルをあわせれば、数値として確認できますけど、
毎回確認するのは非常に面倒ですしね。

それに、行動終了後の行動値の減少の法則がいまいち分からない。
半分くらいで済むときもあれば、一気に全部減る時もあります。

つまり、ひっくるめて順番が把握しにくいため、その上に成り立つ先述を考えにくいんです。
せめて、行動値減少についての説明がちゃんとしていればなあ。


●マス目が把握しにくい

これは格子状にラインが引かれていないので、マスが一目では確認できないという事。
まあ、移動距離が確認できないから、ラインが引かれていても仕方がないのかな。


●経験値が行動や攻撃によって得られるのではなく、敵を倒した場合のみ加算される。

これは間違いなくシミュレーションRPGとしてはネックな点でしょう。
つまり、攻撃しただけじゃダメなんです。敵を倒さないと経験値はもらえません

しかも、一回のステージで敵が大勢出てくるわけでもないので、
必然的にレベルの上がるキャラの絶対値が限定されてきます。


●各キャラのが特徴的な差が無い

今作において戦闘に参加できるキャラは、

ネギ・明日菜・木乃香・刹那・のどか・夕映・エヴァ
茶々丸・古菲・楓・龍宮・まき絵・あやか・千雨


の合計14キャラ。

で、当然の様に戦闘における能力差というものがありそうですが、
それがほとんどと言っていいほど、存在していません。

つまり、夕映と楓とかが同じレベルだったら実力的に変わらないんですね。
しかも、装備となるコスプレにもそこまで能力差がないので、余計差が生じません。
あるとしても、各キャラ専用のコスプレがあるぐらいですね。
(↑ちなみにこれは、私がまだ序盤だからという可能性あり)

まあ、これは物語の性質上、というか設定上そこまで不自然な点ではないんですよ。

ただね、私が言いたいのは、

それなら31人全員戦闘に参加できるようにしてくれれば良かったのになあ。

って事なんですよ(^_^;) その辺りが少しもったいない気がしますね。



これくらいかな?

実際にやっているともう少し不便な点が見つかるかもしれません。

コスプレの選択は面倒であると同時に一番面白い点ですね。
あれだけの数のコスプレを色々試行錯誤して選択するのは面白いです。

ボイスが結構豊富なのと、コスプレのコレクション性は好評価ポイントかと。

まあ、ネギま!ファンなら買ってもいいんじゃないかな、ってのが私の評価です。


では、今日は以上です。

さて、これから私もゆっくりプレイしてクリアしていくかな(^^)


スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。