ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま162時間目感想
さて、毎週水曜日恒例のネギま!感想のお時間。

最近まともな更新をしていないうちのブログにとって、もはやこの毎週の感想だけがブログの存在を支えているような気がします(^_^;)

まあ、そこまで大した事は書けていませんが、感想記事がコンスタントにアクセス数が多いのも事実でして。多くの人に見ていただけるのは嬉しい限りです(^^)


では、ちゃちゃっと感想を書いていきましょうか。
本文は追記から。ご覧になる方は続きをどうぞー。
------------------------------------------------------------------------
162時間目「幸福な未来に再見!!」

では、いつもの様に気になった部分を抜粋して触れていきます。
と言っても、今回は触れる箇所は多くないんですけどね。


●超家家系図によるネギパーティの崩壊

面白い(笑)

いやあ、前回もそうでしたがこういうノリは久しぶりでとても面白いですね(^^)

ハルナやいいんちょなどのいつもの暴走メンバーだけでなく、普段は冷静な夕映や千雨
までもが振り回してしまっているのは、まさに究極兵器の名に相応しい威力ですw

こうやってキャラの特徴を把握した上で、暴走させたり出来るのは流石だなと思いますね。
「ネギま!?」にも見習って欲しいですよ(笑) 本当に。

ちなみに、このノリに流されて見逃しがちだと思うんですが。
明日菜がハルナに向けて投げたハマノツルギがゴーレムに当たった後のコマで、
きちんとそのゴーレムが消滅している描写があるのは相変わらず細かいなと思ったり。
(※ハマノツルギには召喚された魔物などを送り返す能力がある。)


●超、未来への帰還

今回の話、読んでいて非常に胸が苦しくなりました。

まさか、超が未来に帰ってしまうとは……。
個人的には現代に残るとばかり思っていたので、予想外で衝撃的でした。

ネギま!において主役と言っていいネギと31人のクラスメイト。
その中の1人がいなくなってしまうなんてとてつもない大きな変化ですから。
居るのに出番が少ないのと、その場に存在しないのでは全く重みが全く違いますし。

しかも、帰る先である未来は決して幸せな世界ではないはず。
下手したら血にまみれた、惨劇の様な世界かもしれない。

そんな世界に再び1人で戻り、戦うと言う超の決意や心情を考えると……。
なんとも言えない切ない気持ちになります。

確かに物語の進行としてはこうなるのが自然なのかもしれません。
でもね。ネギま!という作品としては超には麻帆良学園に残っていて欲しかった。

少なくとも私は超に帰って欲しくなかったな。

超が居なくなってしまった事が、凄く寂しくて……切ないです。


実はこういう気持ちになった事、過去にも1度あったりします。
あれです。アニメ版のネギま!で明日菜が死んでしまった時。

頭では別物だと分かっていても、原作の公式派生物のあの出来事は非常に衝撃的で。
普通に素で2・3日かなり落ち込んだ記憶があります。


さて、これからどうなるんでしょうね。

超が居ない事実は普段の麻帆良学園の生活になればなるほど浮き彫りになると思います。
いつもと変わらない3-Aの教室。
だけど、そこに超の姿は無い。声も聞こえないし、席も空いたまま。

この辺のフォローにあと数話使われるんじゃないかなと思いますね。
何事も無かったかのように普通の生活に戻ることだけは勘弁です(^_^;)


●今後、超はどうなるのか

ちなみに、感想は↑で殆ど終了。

で、ここからは個人的な雑記です。
本当に適当に書いてますんで軽く流してご覧下さい(^_^;)


超はこれからどうなるのかな、って事について。

少なくとも、超がいなくなっても「超は3-Aのクラスメイトの一員」という認識は保たれるとは思います。
この辺が今後のフォローで行われるべきだと考えていますけど。

よって、超の出席番号19番は永久欠番でしょう。
これまで慣れ親しんできた出席番号が変わることはまずありえないでしょうし、
番号が1つズレたり、という事は恐らく無いと思われます。

そして、当然ながら追加メンバーなども無し。
というか、そういうのがあったら私は激怒しますヨ(^_^;)

あと、大前提としては超はいつか帰ってくるでしょうね。

その「いつか」がどのくらい後なのかは何とも言えませんが。
もしかしたらすぐ戻ってくるかもしれないし、卒業式まで戻ってこないかもしれない。
あ、ピンチの時に助けに駆けつけてくれるって事もあるかもしれませんね。

とにもかくにも、今回の大きな動きを今後どう描ききるかが楽しみですね。
そして、麻帆良祭が終了した後の新展開にも期待です(^^)


ハイ、今回の感想は以上。

今回はほとんど感じたことしか書いてませんね。グダグダだ(^_^;)
まあ、こういうのが本来の意味での感想なのかもしれませんけどw

では、ここまで読んで下った方々ありがとうございました(^^)


以下、TBを送らせて頂いた方々です。

Vv,Smさん
ネギま部屋(楊さんのページ別館)さん
小見雲のネギま!応援団っ。さん
いつかは何かがあるさん
ネギズさん
マギアニタースさん
SEVENTH★HEAVENさん
ACGギリギリ雑記さん
これは・まさかカフンブン。さん
Crazy Danceさん
ほにゃらば!さん
NORTHERN STARさん
beyond reasonable doubtさん
日々○○文さん
気が向き次第書くブログさん
URA-CH@OSさん
まいぺーす日和さん
いけさんフロムFR・NEO REさん
ガチ勝負さん
スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

05 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。