ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回人気投票結果
今週のマガジンで第5回人気投票の結果が掲載されました。
マガジン第7号(2006年2月18日発売)の巻末アンケートの一項目として募集され、
2月18日~2月28日の11日間を投票期間としました。

結果は以下の通りです。

1位  神楽坂明日菜     15156
2位  エヴァンジェリン   9952
3位  桜咲刹那       8765
4位  和泉亜子       8301
5位  宮崎のどか      7428
6位  近衛木乃香      6438
7位  朝倉和美       4266
8位  明石裕奈       3948
9位  絡操茶々丸      3904
10位 相坂さよ       3110
11位 佐々木まき絵     2954
12位 長瀬楓        2773
13位 古菲         2639
14位 綾瀬夕映       2634
15位 長谷川千雨      2049
16位 大河内アキラ     1883
17位 雪広あやか      1754
18位 早乙女ハルナ     1608
19位 ザジ         1233
20位 釘宮円        982
21位 龍宮真名       849
22位 那波千鶴       768
23位 柿崎美砂       635
24位 椎名桜子       612
25位 春日美空       607
26位 村上夏美       522
27位 四葉五月       456
28位 鳴滝風香       378
29位 超鈴音        254
30位 鳴滝史伽       183
31位 葉加瀬聡美      132
    
    総投票数       97173


個人的な感想というか考察を少々……

まず、今回の人気投票は今まで行われた計4回の人気投票とは質が異なるものだと考えています。
それは、今回がハガキ投票ではなくマガジンの巻末アンケートの一項目として募集されたものだからです。
これが何を意味するのか。
それは、ネギま!ファンだけでなく、ネギまをとりあえず読んでいる一般層、更にはネギま!を読んでいない人の票数まで含んでしまっているということです。
今回の投票数は97173票。
これは第4回人気投票の総投票数13139票の約7.4倍という非常に多い投票数です。
これまでの人気投票の総投票数は、ハガキを送ってまで人気投票に加わりたいと思うほどのネギま!ファンの数とみなす事が出来ます。
つまり、単純に計算して97173-13139=84034票は一般層の投票数とみなす事が出来ます。
その比率は一般層:ファン層=6.4:1となり、ファン層の投票傾向がかき消されてしまうほどの差が存在します。
また、投票は一般層にとっては一番好きな生徒というレベルではなく、一番印象に残っている生徒くらいの意味合いが強いと思われます。
だって、そこまで読み込んでいるわけではないんですから。
よって、今回の人気投票は一般層の中で誰が一番認識されているかという点に重点が置かれる訳です。

さて、それを前提に結果を見直してみましょう。
まず、1位の明日菜。
これはヒロインであり登場頻度の高い彼女なのだから当然といえます。
ネギま!で一番知られている彼女が、2位に5000票もの差をつけている点からも、一般層の認識性が要因になっている事がうかがえます。

続いて、2位のエヴァと3位の刹那の上位者、そして前回に比べて順位を上げた和美・古菲・千雨について。
これは赤松先生も一般層に受け入れられていると仰っていた麻帆良武道会の影響によるものだと思われます。

また、千雨については募集号の前号において中心的に登場していたことも影響していると思われます。
この募集した時期の掲載内容というのは、ファン層・一般層限らず影響をもたらすが、認識度の低い一般層の方が比較的影響を受けやすいでしょう。
この影響が亜子の4位という順位には強い意味を持っていると考えられます。

そして、5位ののどかと6位の木乃香。
この2人は順位こそ一つしか違わないが、投票獲得数は1000票近くの差があります。
この二人は先に述べた麻帆良武道会、募集時期の掲載内容のどちらにおいても、似たような状況にいます。
この差が生じたのは、この募集されたマガジン7号の表紙が明日菜・刹那・のどかだったことが影響してると考えられます。

そして、最も順位を落とした夏美について。
これは、まさに一般層とファン層の認識度合の差が出ていると思われます。
ネギま!に精通しているファン層には記憶に残っても、一般層には残らないんでしょうね。
ちなみに前回の夏美の獲得数が914票。
今回の一般層の投票が極少数で、最近活躍していなかったからファン層の票も減少して522票になったと考えれば、帳尻が合います。


このように今回は一般層の認識度が強く影響してる人気投票です。
ただ、だからといって今回の投票はダメだ、というわけではありません。
まあ、ネギま!を読んでいない人の票も入ってる点ではすこし信憑性に欠けるとは思いますが……。
実際に赤松先生も気にしているアンケートが、同じ方法で行われているのだから決して無視は出来ない結果でしょう。
なので、私は単に質が異なるものという表現に留めておこうと思います。

以上、私の人気投票に対する感想というか考察でした。
読んでいただいた方、ありがとうございました。

以下トラックバックを送らせていただいたサイトです

Verba volant, Scripta manent.
じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~
スポンサーサイト


賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。