ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま169時間目感想
いやあ、申し訳ない。
感想書くのが遅くなってしまいました(汗)

実はマガジンが祝日で昨日発売という事にギリギリまで気づけませんで、
不覚にも火曜日にバイトを入れてしまったので、感想が書けなかったんです(^_^;)

でも、やっぱり発売日当日に感想を書けないのはなかなかに歯がゆいなあ。
ぶっちゃけ、バイト休んで感想書こうか少し悩みましたもの(←最低


という事で、遅くなりましたが今週169時間目の感想に参ります。
続きから書いていきますのでご覧になる方は続きをどうぞー。

---------------------------------------------------------------------------
169時間目「夢か現か幻か!?」

では、いつも通り気になった部分を抜粋しながら触れていきましょう。


ただ、今回は回想シーンだけでかなり気になる事が盛りだくさんですねー(^_^;)

さって、どこから触れていっていいものやら(笑)


●明日菜の素性

まず、明らかになった明日菜の情報を挙げておきましょう。

・明日菜は『黄昏の姫御子』と呼ばれる魔法世界某国の王族だった。
・本当の名前はアスナ・ウェスペリーナ・テオタナシア・エンテオフシア


『王族で姫』という点については100時間目でのナギの「姫様」発言、130時間目での
タカミチ(と思われる者)の「お姫様」発言、131時間目でのアルの「大層な逆玉」発言
などから予想された通りでしたね。

名前については恐らく何かしら意味があるんでしょうけど……。
ラテン語か、もしくはギリシャ語か。とにかく辞書がないと調べられないや(^_^;)


●年齢と見た目は異なる?

『それに少女の年齢も私同様見た目通りとは……』

4ページ4コマ目のアルビレオが発言しているセリフ。

このセリフがなかなか興味深く、2つの事が推測できます。


まず、1つ目は『私同様』という事から、アル自身の年齢が見た目どおりでは無い
という事です。

101時間目で600年前後生きているエヴァの事を『古き友』と呼んでいたり、
アルが長い年月を生きている人外的な存在である可能性が濃厚になってきました。

エヴァを手玉に取っている事などからすると、下手したらエヴァ以上の
年月を生きていた可能性すらあるかもしれません。


そして、2つ目に推測される事は文章そのままの意味でアスナも見た目どおりの年齢ではないという可能性です。

現在の明日菜が年相応の姿をしているからと言って、この発言は無視できないでしょう。

この様な発言がわざわざされるという事はそういう背景が存在していたという事に他なりませんから。


●これはいつ頃の出来事なのか?

さて、この辺から少し長くなります(笑)

↑の明日菜の年齢についての疑惑に関連付けまして。

この回想シーンはいつ頃の出来事だったのかという事を推測してみましょう。

普通に考えればアスナの見た目を3・4歳と判断して、11・12年前くらいだと推測されます。
明日菜が救出されてナギ達と1・2年行動を共にした後、ナギが消失、ガトウが死亡、
そして日本へ来た。といった感じの流れでしょう。


ただ、この推測でいくと今回の回想シーンのナギは23・24歳くらいのはずなんです。

にしては、ちょっと容姿が若すぎると思いません?(^_^;)


ただ、容姿が若いなどの判断は主観的な要素が多いので当てにならない部分もあります。

なので、ここではナギの伸長を比較してみましょうか。

169時間目回想シーンクリックすると多きな画像が見れます

これが今回の11ページ4コマ目の描写。ここで3人の身長を比較できます。
ナギが少し先を歩いているので、遠近法の関係で実際にはもう少しナギの伸長が大きい事になるでしょうね。
まあ、それで少し補整を加えたとしてもナギの伸長はアルの肩ぐらいだと思われます。

で、続いてあげるのはコチラ。

100時間目回想シーンクリックすると大きな画像が見れます

これは100時間目の回想シーンでの1コマです。
ナギの伸長は大体アルと同じくらいになるまで伸びていますね。

しかし、先の推測で考えると、169時間目回想と100時間目回想の間には
恐らく1・2年の月日しか経っていない事になります。

果たして1・2年でこんなに伸長が伸びるでしょうか?
ていうか、23・24歳と推測するなら、伸長が伸びる事だって怪しい(^_^;)

つまり、やっぱり伸長という客観的な要素から見てもこの推測はおかしい事になります。

では、一体いつ頃の出来事なんだろうか?
そう考えるに当たって、やっぱりこの伸長と言う要素が役立ちます。

20年前の写真クリックすると大きな画像が見れます

これは20年前の大戦時の写真です。

で、コチラの画像をもう1回。

169時間目回想シーンクリックすると多きな画像が見れます

今回の回想シーンの伸長は、この20年前の写真に酷似していますよね。
20年前ならナギは15歳ですから、容姿が若いのも矛盾しません。

よって、恐らくこの回想シーンの出来事は20年前の大戦前後の出来事と予想されます。

唯一矛盾が生じるアスナの年齢については、先にも挙げたアルの一言から考えられる
可能性によって問題にはならなくなりますね。

恐らく、この頃のアスナは成長が止まっていたのだと考えられます。

魔法などで意図的に止められたのか、呪い的なもので成長が止まってしまったのか、
その辺は今のところ定かではありませんけど。

ただ、回想シーンでのアスナへの扱いを見る限り前者の可能性が濃い気もしますね。

鎖に繋いで魔法陣の上に無理矢理拘束し、血を吐くまで能力を酷使させる。
ちなみに、69時間目でヘルマンが自分を効果範囲に魔法無効化を利用しただけでも
明日菜に結構な影響が出たのですから、都市全体までその範囲を広げて行使すれば、
いくら魔法陣の補助があるとはいえ血を吐くくらいの反動を受けるのも当然でしょうね。

そんな事をする国ならアスナの成長を止める事で魔法無効化という魔法に対しての
強大な武力を保持し続けようとするかもしれません。
『歴史と伝統だけ売りの小国』ならなおさらです。

つまり明日菜は武力的な道具として成長を止められ利用されていた可能性がある訳です。


ただ、日本に来てからの、というか麻帆良の初等部に編入してからの明日菜の成長は
周囲の一般人に疑われない自然なものだったと考えられます。

となると、その成長を止めていた魔法やら呪いやらは日本に来る少し前に解かれたんでしょうね。

むしろ、そのためにアスナとナギ達は一緒に旅をしていたのかもしれません。
20年前にアスナが助けられたのだとしたら、アスナとナギ達とは約10年間旅をしていた事になる訳ですけど、単にアスナを危険から守るためだったら一緒に旅をする必要はなく、
できるだけ早めに麻帆良学園に連れていけばよかったわけですし。。


仮に明日菜の過去がこんな感じだとすると、101時間目の回想でのガトウが口にした、

「幸せになりな 嬢ちゃん あんたにはその権利がある」

という言葉の重みが深まりますね。

そして、ナギによってそんな苦しみから救われた明日菜が。
今はその息子のネギの傍らでパートナーとしてネギを助けている。

この運命的な関わりが非常に美しいように思えますね。


●夕凪の継承

4ページ3コマ目に詠春の持っている刀に『夕凪』という文字が確認できます。

つまり、詠春がかつて使用していた刀を刹那が継承したという事ですね。

人並みな言葉ですけど、剣士にとって刀とは命の様な存在だと言います。
長年連れ添ってきたその相棒たる刀を刹那に譲り与えた事からも、
詠春から刹那への信頼が良く分かりますね。

多分、木乃香の護衛を依頼したときに夕凪が渡されたんじゃないかな。


●夢か現か幻か。

で、そんな夢を見た明日菜が目を覚まし、話はようやく現在へ。

無意識にその夢で見た名前を自分の本当の名前と認識する明日菜ですが、
やはりまだ確信的にその記憶を自分の過去のものだととは認識できてないみたいです。

恐らくこれは記憶を消した魔法による記憶認識への抑制効果でしょうね。

しかし、自分の記憶だと自覚していないだけで、少しずつ記憶は確実に戻りつつあります。
明日菜の過去に奥深く関係している魔法界に行く事で何かしら進展があるでしょうね。


●このせつ仮契約!?

いやあ、なかなかの衝撃映像だったw
しかも、何で布団の上に魔方陣書いて仮契約しようとしてるんだか(笑)

えっと、以前に私はこんな考察を書いたわけですけど。

まあ、2人の感情面から考えれば普通にこういう展開は予想してました。
物語的な意義から考えると仮契約が実行されるのは恐らくずっと先だよ、
って考察に過ぎませんからね。

事実、仮契約は未遂に終わった訳ですし。
この考察は一応意義を失っていないと思っています(^_^;)


●刹那・龍宮の部屋

これについては少し長くなるので別記事にまとめました。

刹那・龍宮部屋の位置を考える

今回はそこまで文量は無いので、よろしかったら併せてご覧下さい。


●ナギ捜索クラブの結成

前回にて、ネギのナギを追う姿勢を認めた明日菜。
その姿勢を応援した上で、ネギを学園に繋ぎ止める為に動きます。

それがクラブ活動としてのナギ捜索隊

なるほど。
こうすると魔法世界への旅というファンタジーの中にも学園的な要素が生まれるかな。

色々と気になる部分も多いのですが、情報が無いんで今回は省略します。
気になるのはクラブの概要ですね。さてさて、どうなるかな?



ハイ、グダグダになりましたが今回の感想は以上です。
遅れて書いたくせにこんな腐った文章しか書けないってなんやねん、自分…orz。

では、ここまで読んでくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m


以下、TBを送らせて頂いた方々です。

西崎慧太の水の都・別館さん
NORTHERN STARさん
ネギま部屋(楊さんのページ別館)さん
日々○○文さん
まいぺーす日和さん
いつかは何かがあるさん
ネギズさん
SEVENTH★HEAVENさん
beyond reasonable doubtさん
ACGギリギリ雑記さん
ガチ勝負さん
いけさんフロムFR・NEO REさん
タカネブログさん
Crazy Danceさん
ほにゃらば!さん
これは・まさかカフンブン。さん
スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。