ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刹那・龍宮部屋の位置を考える
ハイ、感想で書ききれなかった部分をこっちで簡単にまとめたいと思います。

では、169時間目の内容を含むので本文は追記から。
ご覧になる方は続きをどうぞー。
--------------------------------------------------------------------------

さてさて、169時間目で刹那と龍宮が同じ部屋にいる事が判明したわけなんですが。

肝心の部屋番号が隠れちゃってるんですよねぇ(^_^;)


ただいくつか手がかりがあるので少し推測して見ようと思います。

まず1つ目の手がかり。

明日菜、刹那・龍宮部屋に走るクリックすると大きな画像が見れます

このコマで明日菜が刹那の部屋へ走っているのが描かれてますよね。

見たところ、女子寮吹き抜けから見て右方向に走っています。

これと明日菜の部屋の位置を合わせて判断すると。

明日菜の走った方向


↑の様な方向へ走った事が分かります。

そして、次に。

刹那・龍宮部屋1クリックすると大きな画像が見れます

刹那・龍宮部屋2クリックすると大きな画像が見れます

これらのコマをよく見てみると、明日菜達の部屋の構造とほとんど同じになっている事が分かると思います。


【参考:明日菜達の部屋】
明日菜部屋1クリックすると大きな画像が見れます

明日菜部屋2クリックすると大きな画像が見れます

つまり、明日菜達の部屋と同じ大部屋である可能性が高いと思われます。

で、明日菜が走った方向にある大部屋のうち662号室まき絵・亜子部屋
665号室千鶴・夏美・いいんちょ部屋ですから。

ここまでで刹那・龍宮部屋は、

刹那・龍宮部屋の候補クリックすると大きな画像が見れます。

↑の663号室もしくは666号室のどちらかに絞られます。


ここまでは綺麗に導き出せるんです。
恐らくここまでの推論に間違いは無いはず。

ただここから1つに絞るのが正直キツイ。というか結構ムリヤリです(笑)


更なる推測で根拠にしたシーンはコチラ。

刹那帰宅シーンクリックすると大きな画像が見れます。

これは67時間目でエヴァの別荘から帰って、刹那が部屋に戻るシーンだと考えられます。
持っている荷物がエヴァの別荘へ行った時に持っていた物と同じですしね。

右側が部屋で左側に吹き抜けがあるので刹那・龍宮部屋の前の通路と考えられます。

刹那帰宅ルートクリックすると大きな画像が見れます

恐らくこんなルートで帰宅していると考えられます。

スライムに拉致られた瞬間クリックすると大きな画像が見れます

で、これは刹那が木乃香に擬態したスライムに拉致られてしまった瞬間ですね。

ここのコマ、よ~く見ましょう。

奥の突き当りまでに部屋と部屋を仕切る柱が2つもしくは3つしか確認できないですよね?


部屋に帰るまでの道のりで、偽木乃香に遭遇し拉致されたと考えるならば。

刹那拉致ポイント予想クリックすると大きな画像が見れます

↑の画像の○1か○2どちらかのポイント辺りで拉致されたと考えられます。
(○1付近からだと仕切りの柱は3つ、○2付近からだと2つ確認できる。)

どちらにおいても666号室を既に通過したポイントであり、666号室が刹那・龍宮部屋だと仮定するとそれらのポイントで拉致される事は考えられない。

よって666号室とする仮説は棄却され。
刹那・龍宮部屋は663号室であると考えられます。


う~ん、最後の流れは描写からの主観的な判断だから説得力に欠けるかな(^_^;)

でも、とりあえず拉致されたポイントと突き当りまでの距離を見てみても
666号室より手前って事は無いと思うんで、それなりに妥当な線だと思うんですけどね。


以上で、今回の記事は終了です。
いつもとはちょっと違う形式の考察系記事でしたがいかがだったでしょうか。

では、ここまで読んでくださった方々ありがとうございました(^^)
何かご意見・ご感想などございましたらお気軽にお寄せくださいませ。
スポンサーサイト

賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。