ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに...
今までお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVアニメ 魔法先生ネギま! 第2期 今秋放送予定!?
2日ぶりの更新。
なんか特に書くことが無かったのでサボっちゃいました(←本音)
無理やり書いても良い文章は出来ないですし、自分が辛いだけですからね。
とりあえずこれからは自分に正直に、マイペースで更新していきたいと思います。

さてさて、いつものごとくネギま!関連のブログを巡回していると、
驚きの情報が飛び込んできました。

TVアニメ『魔法先生ネギま!』の新シリーズ、今秋放送予定(猫とネギま!と声優さん)

TVアニメ『魔法先生ネギま!』の新シリーズが今秋放送予定

『声優アニメディアVol.11』の“人気声優情報 INFO 100”に掲載されていたとの事。
なんかネギま!って公式発表前に不意に重大情報が出てくる事がよくありますよね(^_^;)

個人的にはアニメ第2期はほぼ確実とは思っているので、そこまで驚きは無いのですが、
それでもこういう情報が出てくるいうのは現実味が増してきて良いですよね。
火の無いところに煙は立たない、とも言いますし。

今秋放送予定というのはとても順当な感じです。
9月に「麻帆良学園中等部3-A 2学期始業式」があって夏版アニメの放映、
その後にTVアニメ第2期が放映開始というのは非常に納得のいく流れです。

私としてはもう少し後でも良いとは思うんですけどね。
CD連続リリースなどで更に盛り上げて、来春くらいでも良いかなって思います。
まあ、単に今月からネギま!関連のリリース予定が無くて寂しいから、
個人的願望を述べているってだけなんですけどw


話は変わりまして、AI Love Networkでの赤松先生の日記が更新されました。

5月5日
先日の新作アニメの感想・要望メールのプレゼント抽選結果が発表されています。
送った感想は印刷してシャフトへ郵送、要望も赤松先生が直にチェックされているとの事。
私達、視聴者の意見がちゃんと製作者サイドに届くって言うのはとても嬉しいですね。
原作の感想なども赤松先生はきちんと読んでくださるようですし、
ネギま!はそういう意味でとても双方向性のある作品だなと思いますね。

ちなみにこの新作アニメの感想メール、私送るの忘れてしまいました(^_^;)
いやね、ちゃんと言いたい事をまとめるために下書きはしていたんですよ。
でも、4・5日と24時間まるごとネギま!があったため、気づいた時は時すでに遅し(泣)
くっそー、ちゃんと早めに書いて送っておけばよかったなあ。
プレゼント云々よりも、意見を伝えられる貴重な機会を無駄にしてしまったのが
非常に悔やまれます。

5月7日
今日から136話目の執筆開始。
長かった学祭2日目が終わり、運命の3日目に突入です!


どうやら2日目の時間跳躍はもう無く、次回で2日目は終了する模様。
結局明日菜がクラスの仕事をサボった形になってしまいますが、いいんちょが
明日菜の事情を知っている以上、この方が自然な流れなのかもしれませんね。

でも、最初はなかなかゲームじみた楽しい一話になりそうです。

この感じだと3日目の最初は双子の散歩イベントかな?

5月8日
今日は、webラジオ「ヒミツの放課後part2」のお二人が、赤松スタジオへ
取材に来てくれました!


ついにヒミツの放課後が赤松スタジオへ突入。
結局、最初に計画を提案していた ネギまほラジお よりも先に突入してしまいましたね。
この配信はいつ頃になるのかな? 楽しみですね。

そんな感じで本日は以上です。

明日はマガジンの発売日ですがネギま!は休載。
ネギま!のみが目的の方は間違えないように気をつけましょう。
スポンサーサイト


賛同企画



当ブログはこの企画に賛同しています。
詳しくは上記のリンクからどうぞ。 宜しければご協力ください。

オススメ記事

ラストエリクサー微炭酸? 作成記録
アーティファクトについての考察★改訂版★
ネギま! モデル舞台探訪 その3 ~東京都立大学~ 女子寮編
ネギま! モデル舞台探訪 その2 ~東京都立大学~ 寮周辺景色編
3-Aには何故あの31人が集まったのか
ネギま! モデル舞台探訪 その1 ~一橋大学~

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。